220px-Mutaguchi_Renya
1: 名無しさん 2016/02/09(火) 23:02:41 ID:
ここはほぼ一人で3個師団を壊滅させた有能将校牟田口廉也のファンが集まるスレです。
仲良く使いましょう!

2: 名無しさん 2016/02/09(火) 23:14:22 ID:
(敵とは言っていない)

3: 名無しさん 2016/02/09(火) 23:19:34 ID:
モーリス・ガムランと同系統

4: 名無しさん 2016/02/09(火) 23:19:45 ID:
物資の運搬と食料事情解決の手段として水牛による牛匹牽引するやで~
こんな奇策考えるのなんて諸葛亮かワイくらいやな

5: 名無しさん 2016/02/09(火) 23:21:22 ID:
トーマス・グレイブスも絶賛

6: 名無しさん 2016/02/09(火) 23:21:35 ID:
極東に彗星の如く現れた英国の英雄

7: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:00:47 ID:
ガムラン君のは末期の梅毒が脳障害起こしてたのが原因やししゃーない

辻君はたぶん躁病だし、局地的には超有能な人物だししゃーない

牟田口君は、牟田口君は、牟田口君は……
気候温暖で、物資も豊かで、人口も稠密な中国大陸の戦線の感覚で世界屈指のジャングル&山岳地帯を大部隊で突破しようって
思い込みと願望で一切、物事が客観的に見えなくなっちゃう人なんだろうなぁ

それでも初戦、大損害を出しながらも英印軍にキルレイシオで勝る戦果挙げた33師団とか、
迂回戦術でコヒマを奪還しかつその後の連絡途絶の中で孤軍奮闘、最後は死にもの狂いでの脱出にも成功した名将・宮崎繁三郎将軍とか

そういう人たちが報われないで、自由インド軍ふくむ膨大な人員を死地に追いやって、そして牟田口君が戦後とった行動は……

「英軍将校(のたった一人)が私の大攻勢でイギリス軍は全面崩壊の危機にあったと書いてる!
俺は間違っていなかった!全部、途中で無断撤退した佐藤幸徳師団長や根性の足りない兵隊たちの努力不足が悪い!」
と、事あるごとに大声で主張して回ったという救いのなさ

国会図書館だったか防衛省だったかのインタビュー音声テープが残ってるんだよね、たしか

9: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:11:58 ID:
>>7
帝国軍はなんでこんなのをさっさと処刑しないのか

10: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:21:37 ID:
>>9
上層部とズブズブの関係だったからしゃーない
大した処罰も受けなかったし

11: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:24:12 ID:
>>9
中国戦線では優秀だったんや…

12: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:26:08 ID:
>>9
答 こんなのしかいないから

日本陸軍とアメリカ陸軍の双方を深く体験した韓国軍最年少の参謀総長、
ペク・ソニョップ将軍曰く
「日本陸軍では初年兵が一番忙しく酷使されていた反面、将官はびっくりするくらい何もしてなかった
米軍はトップに立つ将軍が常に働き続けで一番忙しく活躍していた」

下士官兵の質は世界最高峰だが、階級が上にいくほど馬鹿か怠け者しかいなくなる不思議な集団
それが日本帝国陸軍
気づけば中央も現場の軍司令部も、少壮の参謀たちが無責任に好き勝手できる状況に…

8: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:02:46 ID:
アンサイで連合側の英雄扱いされてて草

13: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:30:44 ID:
ちゃんと補給来てたらどうなったんやろうなあ

14: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:32:43 ID:
実際現場の人間の正義感(例:辻)で勝手に戦端開いたり(例:ノモンハン)
戦線拡大したりで既成事実化して政府のコントロール受け付けなかったんだから
陸軍悪玉論が出るのも残念でもなく当然

16: 名無しさん 2016/02/10(水) 06:24:22 ID:
アレはむーさんのせいだけじゃないから
むーさんは命令に従っただけだから•••

15: 名無しさん 2016/02/10(水) 00:48:00 ID:
越境将軍が首相になるあたり日本全体が既に手遅れといえる

2000: 管理人
当サイトは牟田口廉也名将の名誉称える活動もしています

牟田口廉也  renya mutaguchi Allies 
United Nations famous general 
Distinguished Service Order 
Dickin Medal Medal of Honor